かんたのススメ

かんたです。買い物好きによる雑記ブログです。

MENU

初心者はてなブロガーのSEO対策 STEP6「説得力のあるブログを作る方法」

f:id:kyanntaw:20200412172847j:plain

 

「読者に納得してもらえる記事ってどんな風に書けば良いのかなぁ」

「読んでみると何か説得力に欠けるんだよな・・・」

「ちゃんとした文章ってどんな文章なんだろ?」

 

実はたった一つのことを気を付けるだけで説得力のある文章が書けるのです! 

 

それは・・・ 

読者の「なぜ?」を先回りして解決するです。

 

『どうして読者の「なぜ?」という気持ちを解決してあげるべきなのか?』

それは読者が「なぜ?」と感じる文章には信憑性が低いと判断してしまうからです。

 

なので読者が「なぜ?」と感じないような文章を書きましょう!

 

「え、それだけ?」 

と感じられると思いますが、これがやってみると意外と難しいのです。

f:id:kyanntaw:20200412175800j:plain

なので今回、読者の「なぜ?」を解決する為の具体的なアクションを3つのポイントで解説します。 

 

ポイント! ①難しい言葉は使わない(どうしても使う場合は説明を入れる)
②読者が「何に対して」疑問を感じるのかを察する
③読者の疑問に対して明確な「根拠」を示す

 

この3つのポイントを抑えるだけで読者がすんなりと理解できる説得力のある文章が書けるようになります! 

 

f:id:kyanntaw:20200408171803j:plain

 

それでは3つのポイントについて詳しく説明していきます。

 

f:id:kyanntaw:20200410235536p:plain
かんた

頭がポンコツの僕にも説得力のある文章が書けるようになったよ!

論理的な文章って意外と簡単に書けるから是非参考にしてみてね!

 

 

 

 

難しい言葉は使わない

f:id:kyanntaw:20200412194012p:plain

 

人は話を聞いている最中に自分の知らない言葉が出てくると、そこから先のことを理解できなくなってしまいます。

なので難しい言葉はなるべく使わないように気をつけましょう。

特に気をつけたいのが意識高い系言葉です。

f:id:kyanntaw:20200412200415p:plain

意識高い系(笑)なんてバカにしてるそこのあなた!

あなたもついつい使っている可能性がありますよ。

僕も最近家族に言われて気がついたのですが

僕「本で得た情報をインプットしたままにするよりも、何かの形でアウトプットした方が頭に残るよ」

と普通に話していたのですが、

妹に

妹「よくわかんないけど、何か意識高い系みたいだね(笑)」

っと言われて恥ずかしくて悶え苦しんだのを覚えています。

f:id:kyanntaw:20200412200320p:plain

なので文章を書く際は読者の知らない言葉は使わないようにしましょう!

でないとせっかくの有益な情報も読者に伝わりません。

もし専門的な用語を使う際は、その言葉の説明を入れるように心掛けるとなお良いです!

 

あまりにも難しい言葉を使っていると

マジョリティの読者からのコンセンサスが得られずプライオリティの低いブログとバイアスがかかってしまいます。

読者とのWin-Winの関係を目指すなら是非今回のポイントにコミットして頂きたい。

f:id:kyanntaw:20200412203218j:plain
かんた

何が何だかさっぱり分からん!皆さんはマネしないで読者目線で文章を書きましょう!

でも「コスパ」とか「Win-Win」等はちょっと定着してきてるから使ってもいいよね・・・?

 

読者が「何に対して」疑問を感じるのかを察する

f:id:kyanntaw:20200412204933j:plain

「疑問」を感じるポイントというのは人ぞれではありますが、

じゃあ全てのことを懇切丁寧に説明をすると

「いや、さすがにそんなこと分かってるから、早くその先を教えてよ!」

と、じれったい思いをさせてしまい、相手の心証がかえって悪くなります。

f:id:kyanntaw:20200412210637j:plain

その結果こちらの主張が相手の心に響かなくなるという、元も子もない事態になる恐れがあります。

なので説明はあまりくどくなりすぎないように、読者の心情を察してあげましょう!

 

f:id:kyanntaw:20200410235540p:plain
かんた

読者の疑問がどこにあるのかを察してあげよう!

でも何でもかんでも説明するのは逆効果なので、そこには注意!

 

 

読者の疑問に対して明確な「根拠」を示す

f:id:kyanntaw:20200412212808j:plain

 

なぜ「根拠」が必要なのかを説明する前に、論理的な文章の構成について説明させてください。


論理的な文章というのは「主張(結論)」「理由」「根拠」の3つから成り立っています。

例えば「かんたはイケメンである」という主張に当てはめて考えていきましょう。

【主張(結論)】

かんたはイケメンである。

【理由】

なぜなら街を歩いていると芸能人のスカウトに声を掛けらる程、容姿が整っているからである。

【根拠】

実際にスカウトを受けた際に、〇〇プロダクションや〇〇ジュニアなどの方から名刺を頂いた。(名刺の画像を添付)

 

このように「主張」を支える「理由」とその「根拠」がしっかりしていると

その「主張」はより説得力を増していきます。

 

しかし根拠が弱いとどうなるのか、「かんたはイケメンである」という主張で考えてみましょう

【主張(結論)】

かんたはイケメンである。

【理由】

なぜなら幼少期より女性からよくかわいいと褒められていたからである。

【根拠】

その証拠に今でも母親が「かんたはかわいいね」と褒めてくれr(ry

 

・・・と、このように「根拠」が弱いと「主張」の説得力は落ちてしまいます。

なので皆さんは何かを「主張」するときは明確な「根拠」を準備しましょう!

 

f:id:kyanntaw:20200410235540p:plain
かんた

読者が納得するような根拠をしっかり準備しよう!「統計データ」などがあってもいいかも!

僕みたいに悲しい根拠を並べたりしないように気をつけてね!(泣)

 

まとめ 

それでは今回の「納得感のあるブログをつくる」のポイントまとめておきます。

 

ポイント! ・読者の「なぜ?」を解決してあげよう!
・読者の分からない言葉は使わない(もしくはその言葉を説明する)
・読者の「疑問」を察してあげよう!なんでもかんでも説明するのはNG!
・読者の「疑問」に対するしっかりとした「根拠」を示そう!

 

説得力のある記事を作る際に必要なことばかりなので

皆さんも是非意識してみてはどうでしょうか

では今日はこの辺で、かんたでしたヽ(´▽`)/