かんたのススメ

かんたです。買い物好きによる雑記ブログです。

MENU

コロナの影響で空からお金が降ってきた話

f:id:kyanntaw:20200331195124j:plain

こんにちは、かんたです( ´ ▽ ` )

誰もが知っている芸能人の志村けんさんが亡くなったり

連日のコロナ感染者の増加のニュースなどを受けて

日本国民のコロナへの危機感が1つ上がったように感じますね。

 

しかし僕はすでにコロナの恐ろしさを肌で感じていました

 

それは最近起きたある出来事でした。

 

こんな所にまでコロナの影響が

その日僕はいつものようにコンビニへご飯を買いに行っていました。

そしていつものようにお弁当をレジに持っていったときに気がついたのです。

店員さんが皆マスクを着用していることに

ああ、なるほどコロナの対策でマスク着用が義務付けられているのか。

そう思い少し視線を上げた時、ある女性店員さんと目が合いました。

かわいい

f:id:kyanntaw:20200331203944j:plain

僕はその女性店員さんに見惚れてしまっていた。

その時間は約2〜3秒、だが今考えるともっとあったかもしれない。

僕は興奮と期待を胸にレジに向かった。

 

店員さん「いらっしゃいませ、お弁当は温めますか?」ピッ

僕「あ、は、はいお願いします」

 

何とかキョドることなく対応できた。

本当はここでお弁当を温めると家に帰るまでに冷めてしまうからいつもなら絶対に温めないのだが・・・

いや?しかしよく考えるとお弁当温めている間レジの近くに滞在できるではないか。

僕はこうした頭脳プレイを無意識下で行える男なのだ。

 

 店員さん「合計1263円になります」

僕「は、はい(結婚しよ)」

 

そして電子マネーで支払いを済まそうとしたその瞬間、僕の脳裏に稲妻が走る。

気がつけば僕は財布を取出し二千円を取り出し渡していた。

そう、なぜなら現金で支払うということは、つまりお釣りを手渡してもらえるのだ。

まさに圧倒的 閃きっ・・・!!!

このときの僕を褒めてあげたい。

 

店員さん「おつりの737円になります」

 

僕は内心のウキウキを悟られぬよう

ホントはおつりなんていらないんだどしょうがなく受け取るだけなんだからねっ

というような謎のツンデレ感を出しながら手を差し出す。

 

ジャラララー!!

 

何か小銭のようなモノを落とす音と共に僕の手にずっしりとした衝撃が走った。

一体何が起きたのか分からない僕の手を確認するとそこには727円が

 

そう、この店員お釣りを空から降らせるように渡してきたのである。

 

僕は驚きと悲しみのあまり店員さんをガン見してしまったが当の店員さんはまったく気にする素振りはない。

僕はすでに心が折れてしまっていたので一刻も早くその場を立ち去りたかったのだが

なぜだか分からないが僕のお弁当は温められており未だ帰ることは許されない

このお弁当を温めるように指示したヤツを僕は絶対に許さない。

 

お弁当が温まるまでの時間はまさに地獄のような時間だった。

しかしこのとき僕はある一つの可能性に気がついた

 

もしかしてこのお釣りの渡し方も店側のコロナ対策なのかもしれないと。

 

そう、客との接触を避ける為に店長からそういった指示が出されていたのだ(決め付け)

 

そうなると僕の方も気をつけねばなるまい

温め終わったお弁当を受け取る際も接触を避けるように慎重に受け取りを済ませ

次の客の精算を絶対に見ないよう足早にお店を去ることにした。

あの店員さんもさぞ不本意な接客方法だったろうに・・・

新型ウイルスコロナは人の体だけではなく人の心までも蝕んできているのだ。

僕はコロナの収束を切に願う。

 

おわれっ